blog
ブログ

シンスプリントの話。

いつもご利用ありがとうございます。

本日は、シンスプリントというケガについてのお話です!
みなさんは「シンスプリント」というケガを聞いたことがありますか?
シンスプリントは、脛骨(スネの骨)の『内側』に強い痛みが生じます。
悪化すると日常生活に支障をきたす場合や脛骨の疲労骨折につながる可能性もあるケガです。
そんなシンスプリントが起きやすいスポーツとしては、陸上競技、サッカー、バスケットボールなどが挙げられます。

 では、シンスプリントは、何が原因で発症し、どのような症状が現われ、何をすれば良くなるのでしょうか?

①原因について
□練習量が急激に増加した。
□ジャンプやターンをよく繰り返す。
□靴が足に合っていない。
□アスファルトの上など硬い地面でよく練習をしている。
□偏平足と言われたことがある。
□オーバーユース(使いすぎ)である。

②症状について(ただし、すべての症状が出るわけではありません。)
□安静時は痛くない。
□走ると痛む。
□練習後に痛む。
□鈍くてズキズキするような痛みがある。
□押すと痛む。
□ジャンプの着地で痛む。
□つま先立ちで痛む。
□痛くない足に比べて腫れている。
※日常生活に支障が出るほど痛い場合は、シンスプリントではなく疲労骨折の可能性もあるため、
そのような方は、当院を受診する前に一度整形外科でお医者さんの診断をもらうことをおすすめします。

③ケアについて
□運動をせずに痛みが引くまで安静に過ごす。
□運動前後にアイシングを実施する。
□柔らかい地面(芝生等)で運動/練習を行う。
□ふくらはぎのストレッチを行う。

当院ではシンスプリントに対して鍼治療をおこなっており、これまで中高生から市民ランナーの方まで多くの方が来院されています。

効果は個人差がありますがシンスプリントで困っている方は当院の一度鍼治療を受けてみてはいかがでしょうか?